粗利率80%!小さな建設会社が「既得権益」に挑む“脅威的なビジネスモデル”とは? 詳しく見る

加盟条件・開校の流れ

「教習所事業」の加盟条件

技能講習の教習所事業への主な加盟条件は以下の通りになります。

現在の敷地や人材で、教習所が開校できるかどうかお気軽にご相談下さい。

講師要件

教習所の開校には一定の講師の要件を満たしている必要があります。

敷地・建物要件

実技、学科講習を行ううえで必要な広さやその他条件を確保できているかが要件としてあります。

エリア要件

既存の加盟店との距離、科目などの条件を満たしている必要があります。

開校までの流れ

STEP
お問合せ

お問合せフォームよりお問合せください。一度簡単に現状をヒアリングさせて頂きます。その後概要を説明させて頂き、事前審査やWEB説明会の日程を調整します。

STEP
事前審査

WEB説明会の日程が決まりましたら、WEB説明会の前日までに講師、敷地、建物の状況を確認するために事前審査の必要書類・写真をご準備頂きます。その情報をもとに各種要件などをWEB説明会にてご説明をさせて頂きます。

STEP
WEB説明会

教習所事業の概要や、教習所事業のメリット・デメリットなどを一通り説明をさせて頂きます。また事前審査で頂いた講師、敷地、建物などの情報をもとに具体的に教習所事業の加盟に必要事項をお伝えさせて頂きます。

STEP
検討期間・加盟意思のご連絡

WEB説明会後は一度ご検討を頂き、加盟するかどうかをご検討下さい。その後、加盟する場合は加盟の意思をまずはお電話などでご連絡を頂きます。

STEP
加盟店契約・現地視察訪問

加盟する意思のご連絡を頂いた後は、加盟店契約の契約書の締結及び現地視察をかねてお伺いをさせて頂きます。

STEP
入会金等のお振込み

加盟店契約を締結後、プランに合わせた入会金等の必要なご費用をお振込み頂きます。

STEP
教習所開設へ向けてのコンサルティング

教習所開設に向けてのコンサルティングを実施させて頂きます。

STEP
労働局への登録教習機関としての申請

開校するにあたり必要な準備が整いましたら労働局へ申請をして頂きます。

STEP
労働局からの登録

登録教習機関としての申請後、問題がなければ登録されます。これでようやく登録教習機関としての事業をスタートする準備が整いました。

STEP
実務者&講師トレーニング

登録教習機関としての許可がおりた後に、全国建設教習トレーニングセンターの本部で開催する「実務者&講師トレーニング」にご参加頂きます。そこで教習所運営にあたり必要な資料などをご提供致します。

STEP
登録教習機関として運営開始

実務者&講師トレーニングが終了後、登録教習機関としての運営がスタートとなります。

STEP
初回講習立ち合い

運営スタート後、受講生から申し込みがあり、初回の講習を実施する際に、全国建設教習トレーニングセンター本部が立ち合いをさせて頂きます。

STEP
その後のアフターフォロー

初回の立ち合いが完了した後はお電話、メールでのサポートとなります。

「教習所ビジネス」資料・アンケートのダウンロード

資料概要

建設業の新しいビジネス「教習所事業」の詳細が分かるパンフレットのダウンロードが可能です。ダウンロードを行うとアンケートも同封されておりますアンケートをFAX頂くと現在の人材・敷地・建物で開校が可能かどうかも簡単に相談が可能となります。